太陽光発電とは

有限会社 田中電工

0120-10-5757

〒708-0006 岡山県津山市小田中942-32

【営業時間】8:30〜18:00

ブログ

太陽光発電とは

2016/11/01 太陽光発電とは

太陽光発電システム概要

page_07_01

 

page_07_02

 

 

余った電力は売れる嬉しさ!

昼の余剰電力は電力会社に自動的に売電。夜は買電できるので安心です!

 

page_07_03

 

年間157,000円も光熱費を節約!!

太陽光発電+オール電化なら、ますます家計思いの暮らしに!

 

page_07_04

 

 

太陽光発電のメリット・デメリットについて

太陽光発電のメリットは、光熱費が削減できること、節電効果があること、災害時などいざというときに発電した電力が使用できることです。

オール電化と併用すれば、夜間は電化割引が採用されるので、さらなる省エネと節電が叶います。

しかし、太陽光発電の本当のメリットが実感できるのは、「電力の自由化」が始まる2016年以降です。

電力の自由化は、一方では新しい電気事業者が生まれることで価格競争が生じ、電気料金が下がることが想定されていますが、もう一方では電気事業者が集まらないと電力の供給が止まり、頻繁に停電が発生すると危惧されています。

太陽光発電の場合、自前で電気エネルギーを作れるので、電気料金体系が変わっても大きなダメージを受けることはありません。

逆にデメリットを挙げるとすれば、初期費用や維持費用、発電しなかった場合の不安などでしょう。

まず、ソーラーパネル自体は、メーカーの実験では50年ほど持つと実証されているので、近々での交換が必要とされるのは交流変換器です。

例えば、交流変換器の修理費を、設置後10年間はメーカーが負担したらいかがでしょうか。

これらがクリアできたら、断る理由はないですよね。

弊社の場合は、営業担当が工事のことを十二分に理解しているので、商品のことだけでなく、デメリットの解消方法をご説明できるのも強みです。不安がございましたら、いつでもご相談ください。

 

メリットその1

◆環境に良い

太陽光発電によって電気を発電してもCO2などの温室効果ガスは一切発生しません。

一方、全電力のうち約60%を占める火力発電は、発電時に大量の温室効果ガスを排出しています。

また、同時に大量の化石燃料を必要とします。

もちろん、化石燃料は無限にあるものではなく、石油は約40年、天然ガスは約67年、石炭は約165年で使い尽くすと言われています。

メリットその2

◆経済的なメリット

太陽光発電で発電した電気は、まずご家庭内で使用します。

当然太陽光発電が無ければ、本来電力会社から購入する電力ですので、実質的に自家発電した電気を使う事で月々の光熱費が安くなります。

また、家庭内で使用しきれなかった余った電気は、電力会社に売れます。これを「売電」と呼びます。売電として月々売れた分のお金が電力会社より支払われます。

 

 

デメリットその1

◆天候に左右される

太陽光発電は太陽の光を電気に変えるため、晴天時と雨天時には発電量に大きな差が生じます。 安定的な電力供給の保証がありません。

 

メリットその2

◆季節により発電量が低下

太陽光発電は、太陽の光の量によって発電量が左右されます。

よって、梅雨や日照時間の短い冬期は、他の季節よりも発電量が劣ります。

 

TOP